メニュー
アクセスカウンタ
今日 : 634634634
昨日 : 461461461
総計 : 3575863357586335758633575863357586335758633575863

赤石ほっとタイム - 最新エントリー

校内授業研究会

カテゴリ : 
校長室の窓から
執筆 : 
webmaster 2006-9-13 17:53
 今年度2回目の校内授業研究会が、3年1組「単元 わり算を考えよう」と5年2組「単元 小数のかけ算を考えよう」で行われました。
本校では3つの教育目標の中の「よく考え、学び続ける子ども」の育成を目指し、算数の学習において、既習事項(今まで学んだこと)を大切にした指導を進めたり、少人数指導(1学級を複数の教員で指導すること)を取り入れたりして、自ら学び、考える子どもの育成を図っています。
 本校の教職員全員をはじめ外部講師の山村先生が授業を参観しました。3年生の授業では、学習課題を「わり算のあまりをどうするかを考えよう」に設定し、課題を解決するために、今まで学んできた方法で課題を解決することができるかどうか、おはじきや図を使うなどして自己解決に取り組みました。また5年生の授業では、学習課題を「かける数が1より小さい時の積の大きさについて考えよう。」と設定し、小数を整数化したり線分図を使ったりするなどして課題解決に取り組みました。どちらの子どもたちも見つけ方と分かったことを張り切って発表することができました。
 放課後の研究会では、講師先生から子どもたちが色々な方法で個々の考えを紙に書いて発表できる姿にとても感心しましたとの、お褒めの言葉をいただくことができました。

後期委員会活動開始

カテゴリ : 
学校行事紹介
執筆 : 
webmaster 2006-9-12 17:37


 赤石小学校の児童会活動は、前期・後期の二期制です。9月12日に後期児童会への引継ぎ式が、全校児童の前で行われました。
 児童会全体の活動を企画・実行する計画委員をはじめ、学校生活のさまざまな活動を担う7つの委員会の新委員長さんたちが、引き締まった表情でこれからの委員会活動に対する決意を発表しました。前期委員会活動の反省を生かして、さらにいい活動を作り上げてほしいと願っています。

演劇教室

カテゴリ : 
学校行事紹介
執筆 : 
webmaster 2006-9-5 19:15


優れた芸術を鑑賞することで、児童の人間的成長を図ることをねらいに演劇鑑賞会が行われました。
 演目は、低学年がアンデルセンの「はだかの王様」、高学年が芥川龍之介の「杜子春」で、劇団「め組」の公演でした。「はだかの王様」では、自分のあやまちは素直に正すこと。心をはだかにしてがんばることを学ぶことができました。
子どもたちは公演後、劇団の皆さんにサインをもらって大満足でした。

各地区で秋祭り開催 

カテゴリ : 
校長室の窓から
執筆 : 
webmaster 2006-9-3 18:50
 実りの秋を前に各地区でお祭が行われ、各地区で子どもたちが大活躍しました。
 大日堂神社の祭典では、子どもたちは地区内を「音頭上げ」して回りました。
 志賀理和気神社(赤石神社)の祭典では、お通りに参加するほかに、神社の拝殿で巫女の踊りを披露する子どもたちもいました。
 平沢八幡神社の宵宮では、子ども会毎に踊りの発表がありました。子どもたちは一生懸命に踊り、地域の方々から大きな拍手と「おひねり」をもらって大満足でした。
 これからも地域行事に積極的に参加し、地域の一員として地域の方々と交流して欲しいと願っています。




さわやかな秋晴れの下、6年生全員が元気よく社会科見学に行ってきました。
日詰の地と深いかかわりを持つ平泉。子どもたちはそのつながりや歴史についてあらかじめ学習をしていきましたが、初めて目にする宝物や金色堂のまばゆさに、思わず歓声を上げてしまう子がたくさんいました。また、宮沢賢治記念館では宮沢賢治の作品や、その生涯についてふれることができました。
学習してきたことは、これから個人新聞にまとめていく予定です。

HP開設に寄せて

カテゴリ : 
校長室の窓から
執筆 : 
webmaster 2006-8-28 18:35
 本校は、明治6年5月2日に北日詰村一番小学校として開校以来、本年で133年目を迎える歴史と伝統のある学校です。子供たちは、純粋素直で礼儀正しく、毎日の学習や運動に意欲的に取り組む校風があります。
 本校では、「自ら学び、自ら考える力を身につけ、心身ともに健康でたくましい子供を育成する」を経営方針として教育活動を推進しております。また、保護者の方はもとより地域の方々の学校に寄せる期待は非常に大きく、皆様より惜しみない支援をいただいていることに応えるべく、気持ちを引き締めて学校経営に当たりたいと思います。
 今回、本校の教育情報を発信するホームページを開設するに当たり、さらに広く学校を公開することにより、教育活動に対するご意見や感想をいただくことは、子供たちによりよい教育を提供する上で重要であると確信しておりますので、お気づきの点などございましたら、忌憚ないご意見をお聞かせくださいますようお願い申し上げ校長のあいさつといたします。               



 校 長  菅 原 隆 二
 長い夏休みが終わり、活気ある子どもたちの声が学校に響き渡っています。今日から2学期。子どもたちがかがやく場がたくさんある学期です。早寝早起きを心がけ、朝食をしっかり食べ、一日も早く生活リズムを整えて、運動に学習に実りのある秋にしたいものですね。

健闘光る!水泳記録会

カテゴリ : 
学校行事紹介
執筆 : 
webmaster 2006-7-27 14:10

 これまでとはうって変わった晴天の下、わが赤石小学のプールにおいて、第23回紫波町小学校水泳記録会が行われました。
 ここまでの練習をふり返ってみると、今年は決して天候に恵まれたとはいえませんでした。その中で選手のみんなは、一生懸命練習に取り組んできました。練習の間に泳いだ距離も、堂々と胸を脹れるくらいの長さですし、練習が終わった後には、その日の成果や課題を個々でふり返って、次の練習に生かせるようにもしました。その甲斐あって、選手一人ひとりが、素晴らしい成績を残すことができたと思います。
 今大会の結果については、2学期早々に表彰されます。2学期の水泳学習も一生懸命取り組んで、これまでの級を更新できるようにがんばってほしいと思います。

兄弟学級力をあわせて 長縄集会

カテゴリ : 
学校行事紹介
執筆 : 
webmaster 2006-6-19 14:10


 赤石小学校では、毎年春と秋の2回、兄弟学級で長縄に取り組みます。3分間で跳んだ回数を兄弟学級の2クラスで合計して、その回数を競います。
 1ヶ月ほど前から、休み時間ともなれば、どのチームも長縄リーダーを中心に練習に励んでいます。この長縄集会で最も難しいのが、下の学年の子どもたちを、上手に跳べるように教えてあげることです。自分たちの学級がどれだけたくさん跳んでも、兄弟学級であるもう1つの学級があまり跳べなければ優勝できません。この行事を通して、兄弟学級の仲がより深まるとともに、上学年は上学年としての態度を、自分たちで学んでいくことができるのです。
 今回は6−1と1−1の兄弟学級が優勝しました。秋の長縄集会では、さて、どのチームが優勝するでしょうか。



前日の大雨とはうって変わった晴天の下、今年の大運動会が行われました。
 どの学年もこれまで練習してきたことを出しきって、全力で競技していました。高学年は係活動もあって、プログラムをいつも意識しながら、行動しなければなりません。最後の後片付けまで、しっかりと活動する姿は見ていてとても頼もしかったです。
 平成17年度の卒業生の皆さんから和太鼓を贈っていただいたので、今年は赤白どちらの組も和太鼓を使った迫力のある応援が繰り広げられました。本当にありがとうございました。

Copyright © Shiwa Town. all rights reserved.